ミニチュアダックス4頭と過ごす日々の出来事~ママに赤ちゃんが授かる事を待ってる パパとママと4ワン達の生活ダイアリー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんにちは♪

先週の土曜日。

姪っ子が義民祭で歌を歌うとのことで

急遽、岡山まで行ってきました!

姪っ子のハッチは現在5年生。

岡山の新本(しんぽん)という所に住んでいます。

昔、昔・・・新本で起こった新本義民騒動を全学年で舞台をします。

全学年でも80名いませんが、学年ごとにする事が決まっているのです。

ハッチが4年生の時も見ましたが、この新本義民騒動の話は何度聞いても

胸が苦しくなります。

そして、それを演じてる子供達を見て胸がいっぱいにもなります。

ハッチ頑張りました!

一番上手だったよ♪





CA3G0160_convert_20110719171446.png





学校を出た道にはずら~っと灯篭が立てられていました。

三面に学年・名前と義民の里と好きな絵が書かれていました。

ハッチ字も絵も上手ですw





CA3G0163_convert_20110719171501.jpg





CA3G0164_convert_20110719171512.jpg






新本義民騒動



     江戸時代の慶長20年7月(1615年)、岡田藩初代藩主・伊東長実が藩領の備中国10か村
     にある村民の共有林である入会山[1]を順次取り上げ藩有林としていった。岡田藩領であっ
     た同国下
道郡新庄村・本庄村(現・総社市新本地区)においては
     1661年(万治4年/寛文元年)頃より入会山の藩有化が行われた。藩側は山を造林し、
     「留山」として村民の入山を禁じた。
     さらに約50年後の1716年(正徳6年/享保元年)頃には、残されていた共有山であった
     新庄村の大平山・本庄村の春山の大部分を取り上げた。また、造林を伐採し、
     割り木・用材とし、それを藩庁のある同郡岡田村(現・倉敷市真備町岡田)まで運搬すること
     を村民に命じた。それに伴い村民に支払われる運賃は、1駄(約42貫)4分5厘という
     低い額であった。

     低賃金の上、重労働・農作業その他生活の時間が奪われることになり、生活に支障を来す
     事態となったため、新庄・本庄両村民(203人とされる)は会合を開き、留山とされた山の
     返還と割り木・用材運搬の中止を嘆願することを決意。それらを主な内容とした三箇条の
     嘆願書を作成し、享保2年(1717年)に藩側へ提出した。しかし藩と村民の意見は対立した。

     この事態に同郡川辺村の蔵鏡寺住職など識者が仲裁を行い、数度にわたる藩側と村民側
     との話し合いが行われた。結果、一部の山を開放し、下草を取ることが許可された。
     同年3月15日村民側は会合を開き、開放に制限があることに不満があるも譲歩し、
     これを受け入れた。
     しかしながら、村民は全留山の開放を求めることを誓い、神文誓書を作り、鎌で切った
     指の血で署名し、これを本庄村にある稲荷山の大岩の下に埋めたといわれる。
     4月14日、住職等の協力の下、藩と村民の間に正式に調停が成立。役人が来村し、
     山の引き渡しを行った。

     翌享保3年(1718年)、藩側が開放許可された山において、許可していない木々の
     伐採行為が行われていることを疑い、取り締まりを強化。同年12月30日に盗伐が発覚。
     藩は盗伐調査を行い、盗伐者の出頭を命じた。しかし、村民からは誰一人として出頭す
     る者はなく、藩と両村民は激しく対立することとなり、庄屋が投獄される事態になった。
     村民は江戸の屋敷にいる藩主・
     伊東長救に直訴を決め、松森六蔵(まつもり ろくぞう)・荒木甚右衛門(あらき じんえもん)
     ・森脇喜惣治(もりわき きそうじ)・川村仁右衛門(かわむら にえもん)の4人を村民代表と
     して選出、要求書を持たせ、同年2月13日に江戸の藩主の元へと派遣した。数日後、4人
     は無事江戸へと到着し、藩主への要求書提出を成功させた。

     嘆願要求は、ほぼ内容通り実現されることとなったが、それと引き替えに4人の村民代表
     は反上の罪により処刑、その家族は国外追放、さらに財産没収および家屋取り壊しとなる
     こととなった。
     享保3年6月7日(1718年7月4日)、新本川の飯田屋河原とよばれる川原で、村民の目前
     で4人は打ち首によって処刑が実行された。享年はそれぞれ六蔵77歳、甚右衛門44歳
     喜惣治36歳、仁右衛門44歳だったとされる。
     なお、処刑こそ逃れたが、罪に問われた者は多く、60名弱に及ぶ。



現在ではこういう話はありませんが昔~昔はこういう時代だったのだと思うと

今を生きる私達は幸せです。

この舞台の中で歌われる合唱の歌詞の中に「今、新本に生きる」って歌詞があります。

この歌詞のところの歌を聞くと、子供達、それぞれ感じ方は違うだろうけど

それぞれにいろんな思いを受け止めながら生きてるんだな~ってジ~ンときちゃいます。

ハッチがどれだけのことを分かってるかは定かではないですが(笑)

内容よりも舞台をやり遂げることで頭がいっぱいかもしれませんが

何度見てもいい舞台です。

来年は6年生。最後の舞台は何の役になるのかな?

6年生は登場人物の役をするので、着物を着てそれぞれの役になりきります。

四人衆かナレーションが希望だと言ってましたが、また来年が楽しみです。




スポンサーサイト
2011.07.21 / Top↑


        小さな命の誕生です



          2010年5月16日

      午後6時5分

       女の子

      体重 3148㌘

      身長 48㌢


従妹ベビーちゃん誕生しました


DSCF1109_convert_20100517215742.jpg

可愛すぎです

長い時間抱っこさせてもらいました

命の誕生ってホント素敵です

従妹の許可を得てないため、モザイクですがあしからず



今日は、たまたまパパは仕事休みだったため

早速、会いにいくことができました



従妹いわく・・・

陣痛より今日の方がお腹が痛いと・・・

あまりの痛さに途中、ナースコール

「お腹がすごく痛いんですけど、こんなもんなんですか?」

従妹が苦しそうに聞く・・・

「いい痛みなので大丈夫です」


ギョエ~~~~~ッ


大丈夫じゃないからコールしてるのに・・・

ナースが検診にきて、もう一度お腹の痛みの事を尋ねる・・・

すると・・・・・・・・・

従妹が朝、痛み止めだと思って飲んでいた薬は

な・な・なんと

収縮を起こさす薬でして

早い話が、薬を飲んだから痛くなったということ・・・

その薬がブルーの小さい薬だったらしく

朝・昼・晩の3回飲むように言われたらしい。。。。。。

そして、従妹から一言

ブルーの薬全部捨てたろか

ワハハ~

「捨てちゃえ捨てちゃえ~」

なんて、そんなことはできるはずもなく・・・・・

産後も頑張る従妹です

ファイト

また、会える日を楽しみにしてるよ

               まだまだ若いつもりのおばちゃんより







               今日のあんよ

             わんこじゃないのかよッ)



DSCF1152_convert_20100517215805.jpg


2010.05.17 / Top↑
今週の土曜日に、いとこ(父方)が兄妹2人でお父さんのお墓参りに来てくれるらしく、
お母さんから電話があって予定をあけといてほしいとの電話がありました。
お父さんは長崎出身で長崎にはまだおばあちゃんとお父さんの一番下の弟がご夫婦で暮らしています。
そのご夫婦の子供が、社会人になり、お兄ちゃんは名古屋へ。妹は京都へ出てきて仕事をしています。
その兄妹が2人そろってお父さんのお墓参りに・・・。うれしい事です。
10年以上会ってないから、大きくなっているだろうな。
私が会ったときは高校生と中学生だった。
叔父さんや叔母さんとは法事など、会う機会があったけど・・・。
お墓参りに来てくれるなんて、そっか、もう大人なんだもんなぁ。
私はお父さんが亡くなってから毎月、命日にあわせてお墓参りをしています。
でも、それは、弟嫁と不仲なので、お母さんが亡くなったらお仏壇も弟のもとへいってしまうだろうし、
線香をあげるにも、行けなくなるのは目に見えているので、そんな時に嫌な思いをしないように
私はお墓へ行ってお線香をあげる。お墓でお父さんと会う。っていう私のリズムをつくっているんです。
お母さんが元気で過ごしてくれているので、何かの時には(年に2回くらいですけど)会う機会はありますが、お母さんがいなくなったら疎遠は決定的です。
大好きな弟なので寂しい気持ちでいっぱいだけど、夫婦である限りは弟はお嫁さんを大事にする義務があるもんね。大事にしてあげられてるのかどうかは全く分からないけど、笑って過ごしていてほしいです。
人生、いろいろありますね。
土曜日、いとこの兄妹が仲良く来てくれるのが楽しみです。
ふと、昔、弟と2人でお出かけしたりした時の事を思い出して少し切ない気持ちになってしまった私でありました。パパとパパ姉とはとても仲が良く、いつまでも姉弟愛を大切にしてほしいです☆
その姉弟愛に私は癒されています。
2010.02.23 / Top↑
おりけし①
これは、おりけしっていう物で、パパ姉夫婦の長女がハマっています。
私もこれまでに2つもらっていて、昨日は新たにもう1つもらいました。
だんだんとレベルアップしてきて、おりけしも上手に作れるようになって
昨日もらったものは、携帯ストラップにしています。
「消しゴムだから使ってね」って言われるんで
「もったいないから、使われへんわ」って言うんだけど
「大丈夫だから。もったいなくないから」って説得されます。
写真の両脇にある細長い棒状の消しゴムを組み合わせて模様を作って
消しゴムを作るってもので、↓↓↓の写真のように、模様を作る際に
参考にするようにと何種類かのサンプル用紙が入っています。
模様ができたら水につけて、レンジでチンすれば固まるようになっていて
昨年の夏は一緒に作った事があるけれど、結構楽しかったです。


おりけし②
これがサンプル用紙で、二枚を合わせました。
左のピンクは↑↑↑写真の左下に出来上がったものがあります。
右のは好きな男の子につくってあげたそうです。
この2つをくっつけたら、こうなる。って、合わせて見せてくれました。
もちろん、これは私とパパ姉夫婦の長女との秘密話。
(ブログ公開してしまってますが・・・)
小学校三年生。恋してます。マセすぎじゃね~んか???
とも思いましたが
小学校三年生の恋話に「ええなぁ~」って思った私でした(笑)


余談・・・
   パパ兄家族が今月いっぱいで借家から実家に引っ越す事になり
   急遽、14(日)にまた岡山に手伝いに帰る事になりました。
   実家の部屋の家具を動かしたり、離れの部屋の荷物を全部移動する
   ことになりました。
   離れで住むそうです。忙しやぁ~。

2010.02.12 / Top↑
しおん
昨年産まれました。パパ姉夫婦の次女です。もうすぐ一歳です。
只今、人見知り中で私達が抱っこできるのは5秒が限度です。
早く人見知りなおらないかなぁ♪


子供たち
ボールをキックして遊んでますが、長時間つづくと誰かが泣き出します。
(左からパパ姉の長女、パパ兄の長女、長男です)
でもすぐに泣き止むので
「さっき嘘泣きしとったんやろ?」
って聞くと
「ホントに泣いてたよ」
って真顔で答えるところが、たまらなく可愛いんです。


rituki.jpg
パパ兄夫婦の長男。本家の後継者です。
よくしゃべるようになっていて私の名前は覚えてるんだけど
パパの名前が言えません。
「ようこちゃんあそぼ」とか向こうの部屋から「ようこちゃ~ん」とか
叫んだりしてくれるんだけど・・・・・・
なぜかパパにも「ようこちゃん」って言うんです。
あまりにも私達が「ようこちゃんじゃなくてやっくん」って言い聞かせるもんだから
今度はようこちゃんもわからなくなって私のことを
「ひよこちゃん」って言ってみたり・・・。子供っておもしろい。
最後まで、パパのところに行って「ようこちゃんあそぼ」って言ってました。
「やっくん」って言いにくいかな?
2010.02.12 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。